障害年金について

障害年金という年金をご存じでしょうか。
年金というと65歳に到達したら受給できる老齢年金を思い浮かべる人が多いと思いますが、障害年金は体に障害があって、働くことができない人に支給される年金です。
目、耳、手足などに障害がある人はもちろん、ガンなどの病気で働けない人も障害年金の対象になります。


日本では、20歳以上の人は必ず年金に加入することになっていますので、誰もが国民年金、厚生年金、共済年金のいずれかに加入していると思います。
65歳から受給できる老齢年金は、これらの年金から支給されますが、障害年金も同様に、年金から支給されます。
その種類は、国民年金の場合は障害基礎年金、厚生年金の場合は障害厚生年金など、年金の種類によって異なり、支給額も変わってきます。


また、障害の程度によっても障害年金の支給額は異なってきます。
障害の程度は、国民年金法施行令、厚生年金保険法施行令によって1級~3級まで基準が定められていて、それに従って医師の診断書などを元に決められることになっています。
あと、配偶者や子供の有無によっても支給額は異なり、障害年金はかなり複雑です。


障害年金がかなり複雑であるために、病気やケガで体に障害が起こってしまっても、なかなか支給申請できない人がいます。
障害のせいで、思うように働けず、生活に困っているなら、是非、障害年金の請求をしましょう。
当サイトでは、障害年金の手続きの方法などについて説明していますので、参考にしてください。